QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2012年12月16日

浜松あつみ

とある所とは(すみません。前のブログの続きです)、

浜松

です。何のためによったかというと、目的はただひとつ


あつみの鰻を食べること。

河合塾時代、浜松校に出講してたころ2週間に一回は行ってました。っていうか鰻食べるためだけに浜松に教えに行ってたようなものです(笑)。それほど、ここの鰻は好きですね。

現代文の林と違ってグルメではないので、美味しい店食べつくしているわけではないのですが(というかあまり行ってない)、僕的には浜松のあつみ、名古屋の蓬莱軒、福岡の吉塚、この3つが好きな鰻屋です。

僕が通っていたころとは焼く人が変わってしまいましたが(代替り)、相変わらず旨い。



(開店前に並ぶ。11時半開店だけど、11時30に行ったら2回連続入れなかったので、11時に行きました)



(上の看板)


(特上うな重だけについてくる茶碗蒸し。旨い。これが食べたいから特上にしてしまう)


(肝焼き。レバーはあまり好きではないが、肝焼きは大好き。ビールがほしいぜ(授業前なので飲めない))


(うな重。これでもかという感じで鰻がのっている)


(肝すい)

ごちそうさま。

この記事へのトラックバックURL