QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2010年05月18日

ホテルにて

過去問演習講座2日目です(今日は名大文)。



11時から収録なので、朝ホテルの部屋をでると、同じフロアからちょうど出る人が。誰かと思ったら安河内先生でした。そしてなんと、同じフロアに山中先生も泊っているらしい。


今日は割と早く終わったので、部屋で仕事片付けています。
Posted by 志田 晶 at 17:25│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
志田先生の大ファンです!
先生の難関二次私大数学で数学が大好きになりました☆

6月にある公開授業楽しみにしています(*^_^*)
Posted by lily at 2010年05月18日 23:19
撮影のお仕事お疲れ様です。
志田晶先生に模試について、お聞きしたいのですが、立場上コメントできないということであれば、表示しないでもらえたら助かります。

大手予備校に代ゼミ、河合塾、駿台というのがあります。そして各予備校、模試をやってます。生徒からは、センターは代ゼミの模試、記述は河合の模試が良い。規模も大きいし、マニアックな問題がでず、問題の選定が良いと。でも、これだと、ドッキング判定できません。上の世評は相対的評価なので、あてにはできませんが、何か違うものなのでしょうか?

自分のいるところでは、ベネッセ進研センターと、記述と、地方予備校が出す模試しか学校ではうけたことがなく、個人的には、デパートのエントランスホールで代ゼミのセンター模試を受けたことがあります。河合出版から出してるマーク式総合問題集<河合のセンター模試の過去問>と見比べると、あまり違いがないように思います。
Posted by 田舎 at 2010年05月19日 10:21
変な質問をしてすいませんでした。予備校側も色々分析していますし、どっちがどっちということはないですよね。ご迷惑おかけしました。
Posted by 田舎 at 2010年05月19日 23:06
突然ですが・・・
志田先生って確率がお好きなんですよね?
以前記事に書いていたような・・・

だったら、確率の本は出さないんですか?
旧帝大を目指す高三なんですが、確率が苦手です。
普段は数学三で手一杯なので(理系ですが数学だけってワケには行かないですから・・・)夏休みにまとめて対策しようと思ってます。

そこで本探してるんですが、一応坂田先生の確率本が候補になってます。ただあれはちょっと紙面が”さわがしい”(見たことあるならわかりますよね?)ので、
ちょっと・・・という思いがあります。
でも、東京書籍とかの固い本もどうもとっつきにくい。

志田先生の数C本くらいの文体が一番いいです。

長々と書きましたが、ようは、先生が確率本を(できれば夏までに)出す予定はありますか?
って聞きたいんです。
ないにしても、僕の受験には間に合いませんが、ぜひ作って欲しいです。
ただでさえ志田先生はすごいのに、それが得意分野となると、最高のものが出来るんじゃないですか? 笑

ついでに聞くと、整数の本も出さないんですか?
これも苦手で・・・
まあ手を付けるのは夏以降になりそうですが。
Posted by ぼた at 2010年05月20日 16:19
今年のセンターで失敗してしまい今東進で浪人しているものです。
実は東進には高1から通っていたのですが、現役合格ができず今年も通ってます。
志田先生の授業は高2のときにセンター試験数学Ⅰ・A70%とⅡ・B70%で初めてとってそれからファンになりました。(笑)
高3のときには難関二次私大数学Ⅲ・Cをとってました。
さらに浪人の今年はテーマ別数学Ⅰ・AⅡ・BとⅢ・Cと難関二次私大数学Ⅰ・Aとってます。オール志田先生です(笑)
志田先生の授業はパソコンを使ってグラフとかを書いてくださるので見やすいのと何でそうなるかというのを説明してくれるのでとても分かりやすいです。
これからも収録や公開授業等がんばってください。
ちなみに先生と大学は違いますが数学科志望です。
Posted by yuu at 2010年05月20日 18:44
確率と整数の本は出したいなぁという思いがあり、東進ブックスには打診して構想はできています。
他から先に話があれば、よそからだすかもしれませんが(笑)。
今年の出版は難しいですね。
既存の確率、整数本の概念をぶっとばすようなものを書くつもりでいます(自分の意見としては、既存のものはひどいものです)。
Posted by 志田 晶志田 晶 at 2010年05月20日 20:14