QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2011年03月13日

M9.0

マグニチュードが8.8から9.0に修正されましたね。

9.0ですよ。
ちょっと、不謹慎かもしれませんが計算させてください。
マグニチュードM、エネルギーEのとき、

logE=4.8+1.5M (対数は常用対数)

が成り立ちます。

ということは

M=10^(4.8+1.5M)


が成り立ちますからマグニチュードが0.2あがると、

10の0.3乗(=1.9952…)倍

約2倍になります。エネルギーが2倍ということはとんでもないですよね。そして、阪神大震災のマグニチュードはM7.3なので、今回の地震は阪神大震災のエネルギーの

10の2.55乗倍(2.55=1.5×1.7)


計算するとおよそ


355倍

です。阪神大震災でもとんでもないのに、それの355倍の地震が来ることは想定しませんし、想定して対策は取りませんよね。

釜石港にはギネス認定された津波を防ぐ世界一の防波堤があったそうですが、このような大地震は防ぎきれなくて当然です。
まさに、

想定の範囲外

なのです。今からできることは

○一人でも多くの人を救出すること
○国の総力をあげて、原発を安全に停止させること


関係者の皆さん、よろしくお願いいたします。

もちろん、我々にできることもあります。

節電すること。
義援金や支援物資を送ること。


ひとりひとりができることは小さいですが、みんなの力が合わされば大きな力に変わります。出来ることから始めてみませんか。

僕もわずかばかりですが、協力させていただきます。

世界が注目しています。今こそ国全体が一致団結を。
数学の話失礼いたしました。




Posted by 志田 晶 at 14:00│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL