QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2011年09月03日

ニコラ・ポテル

Meursault 1er Cru Charmes 1969
Nicolas Potel




ニコラ・ポテルというネゴシアンです。始めて飲みました。

エノテカのオールドセレクションで1990と1969の二本買ってうちの一本です。


んーっ、
42年物の白ワイン
は始めてです(赤はわりとあるが白は飲んだことがない)。

まず、液面が低い。やはり、古酒だからか。


そして、コルクがもろい。10分くらいかけて慎重に開けました。
これは緊張する。

色はかなり黄色がかっている。香りはワインというよりはブランデーとかに近い。

飲んでみると、ムルソーという感じがしないぞ。もちろん、旨い事は旨いのだが、値段に匹敵する味(結構高い)かというと微妙だ。同じ値段なら、ラフォンのシャルムが買えるし、クロ・ド・ラバールならもっと安い(もちろん、そっちが好き)。


個人的な趣味として、ブルは10から20年前くらいの当たり年のワインが一番旨く感じる。


まぁ、でもいろんなワインを飲みたいからこういうのもありか。

今日はこれからなでしこ応援します。

  
Posted by 志田 晶 at 19:54TrackBack(0)ワイン