QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2009年04月05日

2009 東大文系

続いて東大文系


1番
何だこりゃ。理系の問題かと思いました。(a,b)の軌跡が楕円になるという典型問題。ただ、文系の人はやったことがないでしょう。文転した人は有利です(楕円が見えるので)。


やってくれましたね、東大さん


(矢沢のつもり顔6)。ちなみに、難関2次私大ⅢC(文系は受講しませんが)では、1学期【9.1】に類題があります。


2番
理系との共通ですが一番難しい(3)はありません。フェルマーの小定理がテーマです。駿台時代にテキストによくのってた気がするなぁ。
ちなみに似たような問題は最近2006早稲田大政経で出てます(証明の仕方がほぼ同じ)。

3番
確率の問題です。これは易しいのでは(異論認めます)。

4番
絶対値の入った定積分。1-1/2aのグラフ(数Ⅲ)がわかると、場合分けの仕方がパッと見えるのですが、文系の皆さんはがりがり不等式を解いて場合分けするしかないのでしょうね。やや面倒です。



全体的には去年とほぼ同じ難易度もしくは若干易しめだと思います。取り組みやすい問題が多くなりました。でも、100分でだから、文系の人にはしんどいよ。
Posted by 志田 晶 at 10:25│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL