QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2010年02月26日

201東大文

受験生の皆さんお疲れ様(もちろん、今日もある人もいるけど)。



僕も解答速報を少しだけ担当していますが、合間に東大の問題を解いてみました。東大特進クラスの授業もっているので一応感想を。


まずは、文系から。

第1問

いきなり勘違いして場合分けだと思った。

解けてから、見直すと、

んっ、点Cが二つ存在する!

そんなバカな…


少し混乱。



焦る…




一応PDFファイル見たら一番後ろに問題文の訂正があり、Cが一意的に定まるように決められていた。
←気づかなかった

自分の解答は関係ない方のCについて言及していた。っていうか、2つあることに最初から気づけなかったのが情けない!受験生に状況をよく把握しろといつも言っているのだが顔7ははは「(笑ってごまかす)

それがなければ、まぁ、易しい方か。


顔7教訓  問題文はよく読みましょう!顔7
第2問

これは易しいかな。f(1)=0が必要条件で、f(x)=(x-1)(x-b)として代入した。必要条件とらなくても大した計算量じゃないね。これは、落とせない問題。

第3問

確率の問題(理系と一部共通)。

漸化式さえできれば、番号を落としていくとうまく行くんだろと試してみると、

うまくできている(理系の(3)も)!


よくできているなぁ。なかなかいい問題。


第4問

文理共通の問題。


自分はこの手の図形は嫌いなのだが。

適当に計算したら、mは偶数であると出てきて、2,4,6,8,10の5つに分けて調べればいいやろということで、あとは地道に調べて終了!


今年の合否は


第2問を確実に取る!!


でしょうね。

Posted by 志田 晶 at 15:28│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL