QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2010年02月26日

名大理

解答速報で名大理作っています。
明日の朝提出です(ひーっ)。

すでに解き終わって、書きあがりチェックするだけですが。

では感想。

第1問。

(1)平面と直線の交点。普通の問題だが答が少し汚い(志田は平面の方程式で検算していた)
(2)体積はどこを底面に取るか(もちろん、三角形OLPなのだが)に気づかないとはまる(これも検算代わりに別解を3種類くらいやってみた)。最後は微分。慎重に計算しないとね。

第2問
2回微分してグラフ。そのあと、接線の本数といかにも普通の問題。しかし、計算が激重。150分4題の意味がよくわかりますね顔4

第3問
確率のマルコフ過程の問題。

なんと、

難関2次私大テキストと同じ設定(関西大)。

さらに、

東大特進、受験数学特別講義ー確率編ーの例題と同じ設定(お茶の水女子大)


いつも『授業で見たことのない問題をどう解くかが大事!』って言ってるけど、これは、



美味しすぎるぜ、東進生!


できない奴はビンタです(笑)。

第4問
(1)は簡単だが(2)は難しいね。

気づけば簡単なんだけど、試験場だとごちゃごちゃ焦って式変形しちゃいそう(計算はほとんど要りません)。



名大は毎年作業量が多い問題が多いです。
Posted by 志田 晶 at 23:40│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL