QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2011年04月30日

ヴィレ・クレッセ

VIRE-CLESSE 2009
LES HERITIERS DU COMTES LAFON


コントラフォンの今年初リリースのマコンです。

開けようとしたら瓶にひびが。とりあえず、これはエノテカさんに報告しておかねば。


3本買ったのでもう一本開けてみました。



味は普通。

ラフォンのマコンとしてはまぁまぁでしょう。ラフォンのムルソーと言われると全然違います。兄弟的ワインなら、個人的にはジャノ・ボスの方を推します。ただ、4500円ですから(ラフォンだと思えば破格)、食事と一緒に気軽に楽しむワインとして考えるなら、十分美味しいですし、食事を引きたてるワインなのかもしれませんね。マコンなのに標準的なシャブリの一級は凌駕している気がします(シャブリはあまり好きでないのであまりいいものは飲んだことありませんが)。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
瓶にヒビとはついてなかったですね。

「ヴィレ・クレッセ」、私も今日開けてみました。
普段は赤ばかり飲んでいるので、
白はあまり得意ではないのですが、
そんな私にも飲みやすいワインでした。
「マコン・ヴィラージュ」を飲んだのがけっこう昔だったので、
違いはわかりませんでした…
Posted by ワイン初心者 at 2011年04月30日 23:52
僕もマコンヴィラージュとの違いがわからず。エノテカのサイトに「本家と同じ作り方」とあって変な先入観駄目だったのかな。
やはり、マコンらしい味だと思います。エレガントなマコンと言った感じでしょうかね。
Posted by 志田 晶志田 晶 at 2011年05月01日 09:05