QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2011年11月24日

ルフレーブ君(「これどこが旨いの」林先生談ワイン)

最近、La Fete(ラ フェット)によく行きます。今月は3回。先月は2回。最近2回で開けたワイン。

Comte de Champagne Taittinger 1998







確か日本シリーズ第6戦。中日が勝った勢いで開けた。

この日はさらに二本。


Puligny-Montrachet 1er cru Clavoillon 2001
Domaine Leflaive





Chevalier-Montrachet 2003
Domaine Leflaive









これは今週行ったときのもの

Meursault 1er cru sous le dos d'ane 2001
Domaine Leflave








ルフレーブのムルソーは始めてです。スー・ル・ド・ダンという畑も始めて飲みました。

ちなみにこいつらの値段は、


うっ……

忘れよう。

ルフレーブは、現代文の林修先生が


「これ、どこが旨いの」


って言ってたワインです。

http://a122shida.mediacat-blog.jp/e68315.html


はっきり言おう!

ルフレーブ最高です(ラフォンの次に好き)。


まさに、トップドメーヌですな。
ただし、財布には優しくない顔13




この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
志田先生こんにちは
下の記事にも書かれてましたが、いよいよ新課程が始まりますね。数Aの整数の性質や数Ⅲのガウス平面など面白そうなものが目白押しですね(受験生からすれば量も増えて内容的にもやや難なものが多いので困るかも知れないし、行列を無くすのはどうかと思いますが)。
新課程に突入すると、現行課程に比べてセンター試験の難易度などはどうなると思いますか?
Posted by 数学屋さん at 2011年11月24日 16:30