QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2009年12月27日

センター試験が近付いてきました

センターまであと少しとなりました。



受験生の皆さん、頑張っていますか?


今からセンター試験までにできることについて2,3アドバイス。

①60分1セットの問題を解きまくる(特に数Ⅱ・B)


センター試験は時間との戦いです。
自分がどのくらいのペースで解いているかを把握するために60分1セットの問題を解きまくってください。
それによって、60分で解くためにはどのようなペースで解くべきかがわかります。
また、当日の解いているスピードが普段より早いか遅いか判断できるようになり、ペースアップすべきか否かがわかります。

マラソンで言うと、コースを何回も下見してペース配分を確認するものだと思ってください。



②反応時間をはやくする練習をする。


この時期からできることは


詰め込むこと!(これは数学ではありませんが!!)



センター用のいろいろな公式(面積公式とか)を覚えたり、あとは教科書の公式の一番典型的な使い方を確認して、問題に対する反応時間を短縮できるように練習しましょう(スピードアップにつながります)。
僕のセンター本のパターン編を確認する、センター70%、90%の1学期テキストの確認をすることがこれに当たります。

③生活のリズムを整える

勉強の話では話ではなくて恐縮ですが…
一日の中で頭がよく働く時間というものが必ずあります。その時間をセンター試験の考える科目(数学とか理科)の時間になるよう生活のリズムを変えてい行ってください。あまり自覚はないかもしれませんが、起きて数時間は頭が働いていないものです。早起きして、朝に勉強する習慣をつけた方がいいと思います。



そうそう、あとは風邪をひかないように。
そして運悪く風邪をひいてしまったら、無理せず休むこと!(焦ってはいけませんよ)。2,3日寝てれば若いんだから回復は早いです(私みたく年取ると長引きますが顔16




あと20日きりました。最後まで全力で頑張って!
  
Posted by 志田 晶 at 18:01TrackBack(0)勉強法