QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2012年02月06日

第6刷届きました

決定版
志田晶のベクトルが面白いほどわかる本





の第6刷が出版社から届きました。前ベクトル本も6刷だったので、増版の回数は並んだことになります。ありがたや、ありがたや。これからもいい本を書き続けます。


ちなみに書籍は、本の後ろを見るといつできた本で、その本が何刷りかわかります。

 

(ちゃんと、初版2010年5月、2012年2月8日第6刷と書いてあるのだ)




出版して何年もたつのに増版されてない本とかは、見たらわかります。

ただし、あまり売れてない本屋ではずっと、初版がほこりかぶっておいていたり、初版10万部(学習参考書はもっと全然少ない)のように、初版の部数が多いと初版がいつまでも残っているので、あくまでも目安には過ぎませんけどね。



僕は必ず見るようにしています。

しかし、この前は、科学の本でうっかり後ろを見ずに買い、なんかおかしいな(もうすでによく知られていることが研究中と書いてあった)と思い、後ろ見たら初版1970年と書いてあって、読むのをやめました(科学の本でそんな古い本売るなよ)。
科学系の読み物の本はどんなにいい本でも40年もたつと、もっと分かりやすく最新の話題が書かれた本が出てくるので、本当に失敗でした(新幹線の中で読もうと5分くらいで選んだのが敗因)。
もちろん、専門書とかだと、何十年たっても名著と言うのは名著であり続けるんだけど、読み物の本はねぇ…。僕の大学の師匠の松村英之先生の本は亡くなって20年近くたった今も本当に名著ですよ。

あぁ、1000円損した(ケチくさい)。

今日は、これから、高田馬場に移動して公開授業です。



  
Posted by 志田 晶 at 11:17TrackBack(0)

2012年02月06日

サッカー見てました

昨日のシリア戦見てました。

残念ながら負けてしまったけど、この負けは、u22代表をもっともっと強くすると信じましょう!!

さて、得失点差争いになったわけで、あとは



できるだけ点をたくさん取って勝つこと!

しかし、気に食わないのは、どの新聞も


自力突破消滅


と書いてあること。


自力突破というのは、自分の戦績がどのような結果であったとしても、相手の戦績によっ
ては、突破できないということでしょうか(定義は)。


ならば、


シリアも自力突破


できませんよ。日本はシリアより得失点差1以上、シリアは日本より得失点差0以上になればいいわけですから、どちらも自力ではないわけですよ(総得点等は面倒なので無視してます。厳密には得失点差が0ならば総得点差が問題になる)


つまり、


日本もシリアも横一線にならんだ


ということ(並ばれたのは残念ですが「)。

悲観せずに、


前を向いて頑張ろう!!ニッポン。  
Posted by 志田 晶 at 08:09TrackBack(0)