QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 55人
東進の先生のブログ 安河内哲也先生             今井宏先生                    吉野敬介先生                金谷俊一郎先生                    林修先生                       大岩秀樹先生
沖田一希先生            
    

2009年03月12日

エルヴェ・ジゴー

CHAMBOLLE-MUSIGNY 1er Cru Les Noirots 2005

Domaine ANNE ET HERVE SAGAUT

知る人ぞ知るシャンポールミュジニーの名手らしいです(まだまだ知らないことばかりですので)。

すいすい飲んで、うまいなぁと感じるころにはなくなってました。

しまった、
もっと味わって飲むんだった。


  
Posted by 志田 晶 at 17:34TrackBack(0)ワイン

2009年03月12日

2009 東工大

東工大に行きます。


1は数Ⅱの微積。どこかの参考書にある易しい問題。

2は一次変換で不動直線が存在するようにaを決定する問題。まぁまぁですかね(東工大としては)

3は整数問題のように見せて、格子点を数えるさせる問題。標準かやや易しい。

4は領域を回転した体積の問題。(1)を使うのですが、受験生(特に現役生)は慣れていないはずなのでやや難(または難)でしょう!
難関二次私大ⅢCでは、三角形の回転体と斜回転をやっているので、そこら辺をヒントにすれば、なんとか…。しかも、難しくないけど、計算もうざい。

全体的には1番が易しいのでやや易しめだと思います。  
Posted by 志田 晶 at 17:01TrackBack(0)

2009年03月12日

2009 一橋大

一橋大学も解いてみました。

1は3乗+3乗で因数分解したくなるところだが、移項して積=999にもちこめれば、易しい(一橋にしては)整数問題


2は絶対不等式。

おーっ。これは、いつも公開講座でネタにしてる話じゃねえか。
テキストにいただきだな。あっ、まぁまぁ難しいです。

3は放物線と円が交わる条件で、これもうまく処理しないと面倒でやや難。

4は三角形を折り返す問題。面白い問題です。(2)は3OB’と3OC’が移り先になることを示せば(それは簡単に示せる)すべての点が移り先になりうことが導けます。良問。良問。


5は難しい。(2)の(ⅱ)は答は見えているんだけど、どう書くか結構悩みました。難問かと思います。

文系は易化が多い中、一橋大学の難しさは際だちます。しかも、

これで、120分5題はないっしょ(北海道弁)。
  
Posted by 志田 晶 at 11:59TrackBack(0)

2009年03月10日

帯広といえば豚丼!!

3月9日は

ホテル日航ノースランド帯広


に泊まり(ものすごくきれいなホテルで感動)、翌日は早起き。

なぜかって?

それは、


豚丼を食うため

なのです。


帯広といえば、豚丼

豚丼といえば帯広


なんですよ(ちなみに、帯広には他にもいっぱいおいしい食べ物がありますが…)!!熱いぜ!!

実は…

6年前に来たとき、一番老舗の豚丼や

「ぱんちょう」
に行きたかったのですが、あえなく定休日(月曜定休)で撃沈。

そして、9日も月曜日。


これは…

朝一で食うしかなーい!!

(朝一って言っても11時開店です)
ということで、早起きして、開店一番行ってきました。


ボリュームたっぷりで旨い!!
でも、もう一杯は食えそうな感じ。
ぱんちょう満喫して、名古屋に帰りました。


  
Posted by 志田 晶 at 21:51TrackBack(0)

2009年03月10日

帯広に行ってきました

東進衛星予備校帯広駅前校

に行ってきました。

ここは「練成会」という僕が中学生のころにできた塾が主催しているのですが、ここ帯広が本部。

なんと、

帯広柏陽高校の占有率が70%以上!!

どっひゃー!

そんな塾は全国他にはありません…



とてもきれいな校舎で授業させていただきました。
帯広の関係者の皆さんありがとうございました。



下は、実行委員の生徒さんたちと
  
Posted by 志田 晶 at 21:39TrackBack(0)公開講座

2009年03月10日

そのあとの飲み会



帯広で公開講座のあと飲んだワインです。


YUME ユメ モンテプルチアーノ [カルドーラ]【イタリア】



「ゆめ」って名前がおしゃれなワイン。スタッフみんなの携帯で照明をつけて撮影しました。



  
Posted by 志田 晶 at 21:26TrackBack(0)ワイン

2009年03月08日

コルトンシャルルマーニュでっせ




Corton Charlemagne VIEILLES VIGNES
2005 Dominique Laurent

です。
札幌で飲んでます。丸山公園にある「SHIRO」という焼き鳥やです。


ここは、僕の大好きな「Blanc」という店(すすきのの行きつけのワインバーです)の系列店で焼鳥屋なのにワイン充実。

大帝のワインだけに、たいてい旨い(お粗末でした顔7)。
  
Posted by 志田 晶 at 21:44TrackBack(0)ワイン

2009年03月08日

2009阪大文系

だんだん疲れてきたが続いて文系。

これ、解いた直後の感想なので分析ではないです(今更)。分析になるとだいぶ変わるはず。


これは、どこかで同じ問題が(後から、調べたらH11の広島大理系と同じ問題)確か、難関ⅠAⅡBのときに使うか使わないか迷ったがどうしたんだっけ?などど、考えながら終了。
2はtの意味考えたら、(1)は60°って計算なしででるね。あとは普通の垂心の問題。

aが入っているけど、ただの反復試行の確率+3次関数。


阪大はいったいどうしちゃったんでしょう…易しくなりました。
  
Posted by 志田 晶 at 09:32TrackBack(0)

2009年03月08日

2009阪大理系

少し酒が入りました。


1は三角形の面積がこんな形になるとは今までしらなかった(美しい)。三項間漸化式作って適当に消去して(1)終了。でもこれは一定になるに決まっているから、(2)が無限等比級数ってみえちゃうよなぁ。


2は一次変換の問題。
回転+拡大だから、n=6k+3のときしかないことに気づいて、原点からの距離だけの問題だから調べて終了。答えにガウス記号が出てくると少し気持ち悪かった。

3整数問題。むむっ。
(有理数)+(有理数)α=0の形に持ち込む典型問題。意外と簡単だった。


4は条件式が∠Aの外角の2等分線上だと気づけるかが少し難しいかな。内積の意味考えるとすぐわかります。

5は(1)の不等式がどこから出てくるんだろうと考えると、見えてきます。(2)、(3)は易しい。

阪大は例年難しいことが多いのですが、今年はだいぶ易しい印象を受けました。
  
Posted by 志田 晶 at 09:31TrackBack(0)

2009年03月08日

2009 東北大理系

続いて理系


1は3秒で瞬殺顔6。これは、どこかの参考書にあるでしょう。因数分解の公式をしっているかだけです。


2は実は意外と苦戦しました。問題を読み間違えた…
(3)は2次式の処理でも、数Ⅲの処理でもいけます(自分は数Ⅲ。でも2次式の処理の方が簡単か)。

3は文系の3と(3)まで同じでこれは解けないといけません!!

4は2つの関数の大きいほうの定積分で昔名大で似たような問題があった。良問です。(2)は2次関数の話(数Ⅲではない)でオマケ。

5行列の問題。(1)はちょっとできないかなぁ。予備校では似たような問題を良く教えるのですが、生徒さんたちには苦戦しそうな予感。
(2)は(1)に代入して、必要条件をだして、その上で元の条件をチェックする問題。なかなか難しいかもです。

6は面倒。3つに場合分けして、4個の解の持つ条件を調べるのですが、かなり面倒です(面倒でした顔7

1,3を確実に取って2か4のどちらかは取りたいかな。5,6は医学部以外は部分点ねらいでOKだと思います。
  
Posted by 志田 晶 at 08:09TrackBack(0)

2009年03月08日

2009 東北大文系

東北大も解いてみました。

1は2のx乗をtとおくと、よくある2次の絶対不等式になります。文系の1問めとしては良問だと思います。

2はベクトルであまり見たことのない設定。AC=aとおいて計算すると、途中でaが消えてしまいます。


3は確率。えらく易しい。センター試験レベルでしょう、これは。

4が一番面倒。自分は1番と同じく絶対不等式に持ち込んで処理したけど、頂点の軌跡を出しておくと、感覚がわかるのでやりやすいのかな。


やはり、文系はここも易しめだと思います。1,3を確実に取ることが大事。  
Posted by 志田 晶 at 08:07TrackBack(0)

2009年03月07日

2009 北大理系

つづいて理系。

1は文系4と同じ。



んっ。

∠Aの大きさは関係ないのか?

と思って、不思議に思いながら計算すると、


消えた!!


極限は簡単。

3は少し計算が重たい感じがするけど、途中で傾きをmとおけば、まぁまぁの問題か。

4は数Ⅲの非常に良い良問。受験生の学力が適切に図れるでしょう(上から目線だな顔2

5は少し難しいかな。これは、予備校では典型問題として、必ず扱う問題です。難関ⅢCテキストにも類題は確かあるはず。

理系はそれなりの難易度の問題ですが、北大の問題は良問が多い気がします。
  
Posted by 志田 晶 at 17:25TrackBack(0)

2009年03月07日

2009 北大文系

実家(江別)に戻って暇なので、問題といてます。

北大から解いていくので感想おば。

1はγの最小多項式で割り切れる条件でおしまい。おそらく、どこかの参考書でやっているだろうなぁ。

2は格子点の個数。現役生はつらいのかもしれないが、場合分けもはいらず、普通。ちなみに難関2次私大テキストではもっと難しいものも扱っています(ニヤリ)。


3は三角形の面積。ベクトルの公式に当てはめて、(1)は面積0で終わり。(2)は3次関数の最大で簡単。ちなみに、これ、僕の裏ワザ本で似た問題扱っています。



面白い。
座標におくことに気がつけば、すぐできるけど、思いつくかなぁ。


1,3は確実に取りたいところ。最近は文系は易しい問題が多いので、いくら数学が苦手でもそれなりに(5割くらいは)取らないといけないのでしょう。
  
Posted by 志田 晶 at 17:13TrackBack(0)

2009年03月07日

釧路散策

もう一日、釧路にいました。

全日空ホテルから釧路駅まで散策。昔あった、丸ト北村、山下書店、丸三鶴屋はすでになく、ビジネスホテルが多い。

釧路駅からは昔住んでいた若草町に向かうために駅裏へ。

ここも、


閑散としている(がーん)。


めげずに、共栄大通を進み、左に曲がると、


和菓子や「かわなべ」が


ここの和菓子は昔よく食べました。
久しぶりに草だんご買ってほおばる。


うまあーい!!



さらに、母校の寿小(今は中央小)の横のそばや寿庵でお昼。


「地球か(釧路か)、なにもかも皆懐かしい」

と沖田十三(わかんないか)になった感じで釧路を満喫しました
。  
Posted by 志田 晶 at 13:38TrackBack(0)

2009年03月07日

釧路に行ってきました

東進衛星予備校釧路鶴ヶ岱校

に行ってきました。
自分の産まれ故郷なので、

懐かしい…

あすなろ会の会長の種村さんとは昔お会いしたことがあります…
そんな話をしながら、会場へ。


160人参加で、母校の湖陵高校だけでなく、市内のいろんな高校、附属中(母校)の生徒まで参加。
当初は、同級生の杉元君(お医者さんです)が、花束贈呈の予定も、仕事で間に合わないこともありましたが、久しぶりに熱く語りました。

釧路のみなさん、どうもありがとう。

下は同級生(湖陵の野球部顧問)の教え子と実行委員のみなさん。
  
Posted by 志田 晶 at 13:28TrackBack(0)公開講座

2009年03月04日

明日から北海道

明日から北海道2連発です(釧路と帯広)。

とりあえず、

花粉がないから天国~
なのですが、おいしいもの食べ過ぎて、太らないように注意せねば…


先日、高校の担任(数学の先生)にメールしたら、「場所と時間は?俺は絶対行く!」
と言ってた(センター本のはじめにでお礼している人物)。中学の同級生でいま母校(湖陵)の先生やっているやつも来るらしい(元野球部エース。母校の英雄)。

まじか?


少し緊張(笑)
  
Posted by 志田 晶 at 14:40TrackBack(0)

2009年03月03日

ばか飲み

昨日は、河合塾の河村先生が家に来てばかのみしてました。
河村先生は最近、本を書かれているようで(詳細は本人に顔2)、その話をしつつ、将棋を一局指し、ワインへ。

①イタリアのスパークリング
②MUERSAULT VIEUX CLOS DU CHATEAU  DE CITEAUX 2005(Philippe Bouzereau)
③NUITS-SAINT-GEORGES Premier Cru LES PERRIERES 2004
DOMAINE FRANCOIS LEGROS←河村先生からいただいたもの。旨かった。
④Gevrey Chambertin 2002
DOMAINE ANTONIN GUYON


さすがに飲みすぎでした。下は ヴュー クロ。
  
Posted by 志田 晶 at 08:41TrackBack(0)

2009年03月01日

二日酔いかな

解答速報も終わり、昨日はワイン飲んでました。

Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 2006
Domaine Chevillon-Chezeaux

の赤、白 一本ずつ。手ごろな値段でごくごく飲めます。年間3000本程度の生産らしい。


すっかり酔っ払いました。
飲みすぎ注意だな(笑)。
  
Posted by 志田 晶 at 13:35TrackBack(0)ワイン